<< 待望の第2子、スピード出産。 | main | 初産、体重も増えずに快適なマタニティライフ。 >>

お勧め、旦那様に抱きついて出産。

第2子 次女 誕生 3,410g  H.F

優奈2才もこちらで産み、二人目も大谷助産院しか考えていませんでした。
優奈は、結婚3年目でやっと出来た子。まだおっぱいも卒業してないし、生理もきてなかったので、体がほてったり、疲れやすくなってきた時も回りは妊娠したんじゃない?って言ってくれても、まさかぁ〜。と思ってました。でも検査薬で確認したらみごとに妊娠していました。

妊婦生活はつわりも断乳したらなくなったし、胎動を感じるようになっても、優奈中心の生活でほっと座ったり、お風呂のときにお腹をけられ思い出すような、いい妊婦ではなかったと思います。
ただ二人目というのと、大谷助産院で産む安心感で穏やかにすごせていました。

5/30(土)予定日前日
陣痛がきたと思い、産院へ。ただお腹の中で赤ちゃんが激しく動いていただけでした。もう夜9時も過ぎていたのに宮本さんがやさしく「経産婦さんにはよくあることですよ、何度も通う人もいるし」と言ってくれたのがうれしかったです。先生も優奈と遊んでくれたり、「また何かあったら電話しておいで」と言ってくれたので助かりました。

5/31(日)出産予定日
赤ちゃんは下の方に降りてるから予定日より早くに産まれるだろうと思っていたのに相変わらず激しくお腹で動くばかり・・・・・・。

6/9(火)出産日当日
朝からお腹の張りはあるものの、不定期だし痛みもまだまだ、旦那を送り出し、朝食や洗濯など一通り家事をしても優奈も寝てたので私も二度寝をしていた。11時過ぎ、急に堪えられない痛みが来て叫び、起き上がれない程でした。
少しして痛みが引いてきたときに起きて、トイレに行き、大谷助産院へ電話。
寝てたので何分おきかもわからなかったけどもう1度あの痛みを1人で堪えることはできないと今から行かせてくださいとお願いしタクシーで産院へ。
タクシーを待つ間に妹にTELして寝てる優奈をおいて行くのでとたくし、旦那にも会社から帰って来てくれるように電話して家を出ました。
産院に着くと子宮口はまだ2cm程、あの激痛はどこへやら・・・・・・。
7分ごとに微弱陣痛があるのみ。
帰ってもまたすぐ来ないといけないかもしれないから様子みようかと言ってもらえ、そのままお昼ご飯も完食。旦那にはゆっくりお昼を優奈と妹と食べてから来てくれるようにお願いし、すっかり産院でリラックス。もう一度内診してもらうと羊水が少ないので進みはゆっくりだろうとのこと。
旦那が来てからは優奈と3人で公園を散歩し、友達親子が優奈の遊び相手に来てくれたのにも一緒に遊んで、やっぱり帰ったほうがいいのかなぁと思いつつ過ごしていたら友達が帰った6時頃だんだん痛みが増してきて、でもまだ堪えられるからと夕食も完食!食べてしばらくしたら呼吸をととのえないと辛い程に。
8時を過ぎて夕食を食べに行っていた旦那に電話し、そろそろ来てほしいとお願いし、ちょうど旦那と優奈が着いた頃には堪えれない程の痛みに。
この痛みを優奈を産んだ時にも堪えたんだと思い出し、何時間も堪えれるのか不安に・・・・・・。
胎動(心音)を聞かせてほしいとお願いし、赤ちゃんも頑張っているからと思って堪えました。
不思議と冷静な自分も居て、この陣痛はすぐ去るとか波がわかるのを感じました。
いきみたくなった時、マタニティお茶会で聞いた旦那に抱きつく形で産みたくてベッドのヘリに座る旦那の背中に抱きつき、お尻をあげていきみましたが、まだまだ産むのとは違う感じ?と思っていたら破水。でもまだ全開じゃないと聞いて座りたいと今度はビーズクッション→旦那→私で旦那にもたれかかって座り、全開したらまた旦那の背中に抱きつき何回かいきんで頭が、2、3回いきんで体が出て来て脱力。
赤ちゃんはへその緒を首にまいてたみたいですが元気で、優奈は叫ぶ私が怖かったらしく旦那の足に抱きつき泣いていた様ですが、旦那が「優奈の時もお母さんこうやって頑張って産んでんで」とやさしく言ってくれるのが聞こえてきて最後の一踏ん張り出来た様な気がします。

旦那に抱きついての出産、お勧めです。一緒に産んだ感じがします。アキさん、優奈に赤ちゃんが出てくる所、見せていただいてありがとうございます。
先生、宮本さん、田中さん、出産時、入院中ありがとうございました。
ここでなら3人目を産んでもいいなぁと思ってしまいます。

at 16:20, 大谷助産院, 大谷助産院出産体験

-, -, - -